ホーム > 歯周病

歯周病

歯を失う原因で多いのが歯周病です

歯を失う原因で多いのが歯周病です。

いまや多くの人が歯周病にかかっているといわれていますが、ほとんどの人が歯周病の進行に気づかず、治療をせず、痛みや歯の揺れなどの症状が出て、あわてて歯科医にかけこむといったケースが多いようです。
歯周病で大切なことは、予防と早期治療です。まずは予防のための定期メンテナンスを行うこと。そして小さな症状も見逃さず、早めに治療を行うことです。

歯周病になると見られる症状について

歯周病の初期症状
歯周病の初期症状

歯周病は症状がなくとも、進行していき、症状がでたときにはかなり進行していることが多いので、下記の症状がある方は、早めにご来院ください。

  • 口臭が気になる
  • 歯の間に食べ物が詰まる
  • ブラッシングのときに歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきの色が悪くなった
  • 歯ぐきが腫れている
  • 口の中がネバネバする
  • 冷たいものがしみる
進行してくると

下記の症状がある方は、早めにご来院ください。

  • 歯ぐきから膿みが出る
  • 歯がグラグラする
  • 固いものを噛むと痛む
  • 歯が長くなったような感じがする

歯周病の種類と治療方法について

歯周病はいったんかかると治ることはないので、進行を食い止めることしかできません

歯周病はいったんかかると治ることはないので、進行を食い止めることしかできません。同時にその後のケアをしっかり行っていくことが大切です。

歯周病の進行度のチェック

まずは、レントゲンで歯や骨の状態をチェックします。
その後歯周ポケットの深さを図り、歯周病の進行の度合いを検査します。

歯周病治療
歯周病治療

歯石や歯垢、バイオフィルムを歯の根っこの部分までしっかり除去します。

すでにグラグラになってしまった歯も、できるだけ残す方向で治療を進めます。自宅でのブラッシングの指導とその後の定期メンテナンスを行って行きます。

歯周病リスクの高い人

糖尿病や骨粗鬆症の人は、歯周病になるリスクが高いといわれているので注意が必要です。